オールセラミックの素材の種類

オールセラミックの素材にはいくつか種類があります。
ご自身の症状やご要望によって、歯医者と相談しながら素材を決めていきましょう。

「ジルコニア」
ジルコニアは酸化ジルコニウムを安定化させた素材だ。
人工ダイヤモンドと同じ元素を保ち、強度と耐久性があるのが特徴です。
その特徴から、手強い力の加わる奥歯やブリッジで使用されることが多い素材だ。

フレームにジルコニアによるかぶせ物は、金属フレームとは異なり、表面に色が透けないことが特徴です。
ジルコニアをフレームとして用い、表面のセラミックで色調を調整する結果、自然で透明感のあるかぶせ物を作成することができます。

ジルコニアを表面に使用することもありますが、その場合、プラスチックもののツヤのない仕上がりになります。

「酸化アルミニウム」
ジルコニアが登場する前まで、オールセラミックの主流となっていた素材だ。
食器などの陶器や、耐火材、ガラスの原材料にも使える、身近な素材だ。
ジルコニアよりも強度は劣りますが、昔から使用されている素材につき、適応できる行える症例が多いのが特徴です。
セラミッククラウンのフレームとして使えることが多いです。

「ニケイ酸リチウムガラス含有セラミック」
曲げたときの強度があり、天然の歯というしなやかさがあるため、かみ合う歯を傷つけ辛い素材だ。

また、透明度も厳しく、大きい色調を再現することができます。
元の自然の歯に合わせた、普通色調に取りまとめることも可能です。

オールセラミックを検討している方に…
「金属の補綴物の見た目が気になる」
金属の補綴物は、笑ったときなど、激しく口を開けたときに目立ってしまう。
オールセラミックの補綴物に差し替える結果、口元や顔全体の印象が変わる場合があります。

「金属アレルギーがある方」
オールセラミックの補綴物による治療であれば、金属アレルギー反応が起こる可能性が低いだ。
金属の補綴物は、長く使用することで金属が溶け示すことがあります。
その影響で歯茎が黒ずんだり、現在金属アレルギーではない方もアレルギー反応がでるケー。

「前歯の形や歯並びを整えたい方」
軽度なすきっ歯や、歯の形の改善も、オールセラミッククラウンで見込める場合があります。
前歯の形が悪くて気になる方などに立ち向かう場合があります。http://www.visinbedrijf.nl/