シミ消しクリームの選び方

そもそもシミはどのようにできるのでしょうか。
シミの正体、それはメラニン色素だ。
こういうメラニン色素が体の中で仕上がることによってシミが表面化して来る。
メラニン色素は紫外線などの外部刺激が肌に受け取れる結果作られてしまう。
そのため紫外線を浴びないようにすること、メラニンを作らせないようにすること、体外へ排出してしまうことができればシミはできません。

これらの効果を持つ有効成分が入っているシミ消しクリームを選ぶといいでしょう。
具体的な有効成分を紹介していきます。

「アルブチン」
メラニンの生成を抑えてシミ予防効果のある成分だ。
製品によって成分表示名が違うこともあります。
一般的には「アルブチン」、「α-アルブチン」となっています。

「プラセンタエキス」
美白成分として有名な成分、メラニンの生成を抑えてシミ予防効果があります。
表示名も「プラセンタエキス」となっています。

「ビタミンC誘導体」
メラニン色素が生成されるのを抑えたり、還元したり、体外へ排出を促進したり講じる効果があります。
表示名は「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」、「アスコルビル酸グルコシド」などがあります。

「ハイドロキノン」
他の美白成分よりもなかなか美白効果が高いと有名な成分。
メラニンを還元始める効果がありシミを薄くしていきます。
表示名も「ハイドロキノン」だ。

シミ消しクリーム、美白クリームを選ぶとき、乾燥肌、敏感肌の人は別に注意して望むことがあります。
シミを作らせないように対抗する美白成分は、肌の乾燥、刺激を感じる場合もあります。
そのため、乾燥肌用、敏感肌用と表示されているクリームを選ぶようにしたり、低刺激のもの、保湿効果の高いものを選ぶようにしたりするといいでしょう。
毎日取り扱うものですから肌に負担をかけずに使いやすいテクスチャーのものを選ぶことをおすすめします。

シミ消しクリームを選ぶときにみなさんが重視するもう一度1つのポイント、それは価格だ。
毎日、もっと使い続けて行くものだからこそ、続け易い価格であることが大切です。
無理をして良い商品を貰うよりも無理なく使い続けて出向くことができる商品を選ぶようにしましょう。
一般的にシミ消しクリーム、美白クリームは1本3,000円〜8,000円だ。
無理をして美白化粧品をおんなじラインで整える必要はないと思います。引用