ホワイトニングの比較

歯を安い料金で効率的に白くとれるホワイトニングと、低い料金だけど白くなるのに時間がかかったり、白いに限界があったり、効果には差が生じます。
個々の歯の状態、体質、食生活など様々な要因によって効果に差は出てきます。
しかし最も大きな違いとして言えるのは、ホワイトニングで使用する薬剤の種類によるものだと思います。
ここでは思い切り使われる代表的なホワイトニングを比較してみたいと思います。

・「ポリリン酸」→1回でワンステップ〜2段階白くなります、白いと言われる8段階白く始めるまでになる料金は約4万円〜5万円かかります。
ポリリン酸は、劇薬の高濃度な薬剤にポリリン酸などを独自調合して作られているため神経に刺激がいったり、歯肉が爛れたりするデメリットがあります。

・「マイスターPLUS」→1回で8段階ほど白くなります、料金は約3万円だ。
高濃度で効果の高い薬剤ですが、中性なため歯質などへの悪影響はありません。

・「ZOOM」→1回で6段階白くなります、8段階まで白くするのになる料金は約6万円だ。
高濃度で効果の高い薬剤ですが、刺激が出やすく、歯の表面部分が溶けて白く見える。

・「ビヨンド」→1回で3段階〜4段階白くなります、8段階まで白くするのに掛かる料金は約8万円だ。
こちらもZOOMと同じように高濃度で効果も高いのですが、痛みが出やすく、歯の表面部分が溶けて白く見える。
トータル料金はZOOMの方が安っぽいのですが、1回あたりの料金で比較するとビヨンドの方が安いです。

・「Tion」→1回で2段階〜3段階白くなります、8段階まで白くするのに増える料金は約8万円だ。
中性なので歯質が融ける心配はありません。
国内で認可を通している安全な薬剤だ。
しかし1回あたりの効果は大して悪いので連続で何回か行わなければいけません。

・「オパールエッセンスブースト」→1回で5段階〜6段階白くなります、8段階まで白くするのに鳴る料金は約6万円だ。
高濃度なので、歯に痛みが出やすく、神経への刺激も出やすい。

・「ルマホワイト」→1回で3段階〜4段階白くなります、8段階まで白くするのに要する料金は約8万円だ。
中性なので歯質が蕩ける心配はありませんが、高濃度なので痛みは出やすいだ。

以上のようにホワイトニングに使用される薬剤にはいくつもの種類があります。
オフィスホワイトニングを行うときなど、その歯医者がなんの薬剤によっているのか確認して、しばしば理解した上で、歯医者選びの参考にしてください。https://xn--ex-jj4avcsen8c.xyz/