女性とLINEを積み重ねるポイント

婚活中、多少なりともお近づきになれた女性とLINEをうまく積み重ねるポイントを紹介します。
まずは少々くらい女性の返事が遅くても気にしないことです。
相手のLINEのペースをわかることが大切です。

LINEのメッセージは結構相手のペースに方向づけること。
そしてメッセージの長さも相手に合わせるといいでしょう。
相手の女性が少しメッセージを送っただけなのに、男性がいつも長文ばかりだと、女性はよむのが面倒だと感じるかもしれません。
また男性が絵文字を多用するのも嫌がる女性はいる。
絵文字を少し扱うのはいいのですが、多用するのはやめましょう。
相手が読みやすいメッセージを届けるようにするのも大切です。
思いついたことを延々と改行もせずに文字を打ち続けると、LINEを開いただけで「うわっ」と相手の女性が掴む気をなくしてしまう。
自分のことばかり話す男性は嫌われます。
これは婚活だけではなく、恋愛においても同じです。
自分のことばかりLINEに書いてある男性はひかれます。
LINEのメッセージを打ったら、まずは読み返してみてこんな傾向がないか注意して送信するようにしましょう。

女性の返事が遅いから脈がないとそれだけで判断しないで下さい。
お互い婚活中で、次の会う約束ができていれば、特に脈はあるのです。
その女性はただ筆不精なのかもしれません。
返信が遅くても待てる男性の方が、婚活は成功すると思います。

女性とLINEをかしこく続けていくためにやってはいけないことがあります。
それは返信を催促することです。
せっかくいい感じになっていた相手も、「催促」なるは気持ち良いがしません。
当然LINEの返事が遅いとそれだけで催促されては、もうすぐ他の事でもこうしてせかされるのだと相手の女性は思ってしまう。
中でも結婚を考える男性は、結婚後の生活をイメージして、生活の中でもせかされることになる、お断りと思ってしまいます。
当然、2、3日返信がない女性に対して催促メールを送ってしまうと、それでサヨナラとなってしまうケー。
2、3日と返事がないのは、ある程度LINEのやりとりを面倒に感じているケー。
そんなとき催促メッセージを送ってしまうと、相手に別れを告げる理由を与えることになってしまいます。
そんなときは、「何故返信してくれないのか」という催促の内容ではなく、今日あった出来事など何か軽々しい内容のメッセージを贈るといいでしょう。
「今日テレビで前話していた〇〇を通していたけれど見た?」という小気味よい内容で、相手が返事をしやすいメッセージを送るといいでしょう。【大損注意】ササラ(SASALA)の予約!脱毛の料金を最安にする方法!