再生手術

歯周病は骨を溶かしてしまう恐ろしい病気だ。
歯周病治療には、溶けてしまった骨や歯を再生やる方法もあります。
重度の歯周病治療のところでも紹介しましたが、再び細かく紹介したいと思います。
1つ注意していただきたいのは、骨の再生は個人差がかなりあるということです。
ぐらつく歯を敢然と静止する状態へ回復させることが絶対にできるという保証はありません。
骨の溶け具合によっても再生のしやすさは変わってきます。
骨があごに対し垂直に溶けた場合には骨の再生はしやすいのですが、水平に溶けてしまった場合は再生はしにくいそうです。

<エムドゲイン法>
赤ちゃんの歯が生じるという原理による再生療法。
歯周病によって溶けてしまった骨を再生くれる薬を溶けた骨部分へ入れて再生させます。
骨があごに対し垂直に溶けた場合で、骨の壁が周りに残っていれば行うことができる方法だ。
エムドゲインは、骨の再生スピードがまったくすばやいたんぱく質でできている。
歯周病治療の施術によって歯茎の中をきれいにしてから、エムドゲインのジェルを塗って菌が生えたときと同じ状態に決める。
約月収は、歯茎へソフトで下さい。
GTRよりも簡単な方法で、しかも効果もあるため有効な方法だと言われていますが、保険外治療となってしまうのがネックで、費用が高額なのがデメリットだ。
エムドゲイン法にかかる費用は、5万円〜15万円くらいと言われています。
エムドゲイン方では、完全すべて再生することはできません。
半数から90%くらいの骨が再生見込めるそうです。
施術で開いて中をきれいにしてから行うため歯茎は下がってしまいますが、歯周ポケットは浅くなるため悪いことばかりではありません。
エムドゲイン法は、糖尿病、骨粗しょう症の人はできません。

<GTR法>
歯周病治療の施術によって歯茎の中をきれいにしてから、メンブレンと呼ばれる保護膜として歯周組織の保護を行い組織の再生を促す方法だ。
歯周組織を再生するためには半年から年間くらい陥るそうです。
歯が再生できたらその後、保護膜を摂るために再手術をしなければいけません。
こちらは保険内診療となりますので、費用はエムドゲイン法より安くなります。
3割負担の場合で、100005千円くらいとなっています。
しかしながら膜が治療の際に感染しやすいというデメリットがあり、近年はエムドゲイン法の方が主流のようです。http://xn--u9jw44qkwb9yvoua.xyz/

自宅で簡単ホワイトニング・芸能人にも人気“チュラトゥースホワイトニング”

歯医者からの評価も高い、歯を白く健康にして行く有効成分配合のホワイトニングエキス“チュラトゥースホワイトニング”のご紹介だ。
名前のとおり沖縄で誕生したホワイトニングエッセンス。
歯の黄ばみは緑茶、コーヒー、紅茶、タバコ、カレー、それに年齢も原因となります。
だから普通の歯磨きでは、これらステインなどの汚れは取れないので、つぎつぎステインが溜まっていくばかりです。
でもクリニックなどでのオフィスホワイトニングは1サイクル3〜4回の施術で大体4万円〜6万円と言われています。
だから自宅ホワイトニングは今人気が高いのです。
こういう“チュラトゥースホワイトニング”は、研磨剤を一切配合せず安心して使うことができます。
その上、発泡剤、漂白剤、合成ポリマー、人工甘味料、動物由来原料、パラベンなど安全に不安視されているものはすべて不使用にこだわっているから、とても安心して使用できるのです。
歯についた汚れや黄ばみを浮かせて取って受け取る「ポリアスパラギン酸」配合。
歯の表面についた汚れや黄ばみを、傷を付けずにスムーズに取っていきます。
そして浮かせた汚れが歯にまた付かないためにはリンゴ酸を配合。
また歯だけでなく歯茎の健康のためには、ビタミンCも配合しています。
歯周病の改善や予防にも役に立ち、口臭防止も役に立つのです。
そして虫歯のない良い歯につき、“チュラトゥースホワイトニング”には新成分GTOが配合。
こういう成分はホップエキスから取り出した成分で、虫歯の発生に激しくかかわって要る不溶性多糖類合成酵素の働きを抑制し虫歯を予防します。
また歯茎の炎症や腫れを予防する「アラントイン」や炎症を鎮め口内雑菌の増殖を抑制する「シメン-5-オール」も配合。
そしてステビアやキシリトール、メントールをバランスよく合わせて、爽やか香りと味わいが気分もすっぱり。
歯を磨きながら、白く、健康にして行くことができるカワイイ歯磨きエッセンスだ。
元値は5,980円(税別)+送料。
定期コースは初回3,980円(税別)送料無料、2回目からは4,980円(税別)送料無料となっています。
定期コース2本コースは初回6,960円(税別)送料無料、2回目からは7,960円(税別)送料無料で一段とお得となっています。参照サイト