GW期間中に楽しめる北海道の花火大会

北海道ではゴールデンウィーク期間中に花火を喜べるスポットがいくつかあります。
この時期に北海道にお出かけの方は、一足速い花火大会をお楽しみください。

洞爺湖町では4月28日(土)?10月31日(水)までの187日間にわたって、「洞爺湖ロングラン花火大会」が開催されます。
昭和57年(1982)から始まった洞爺湖の花火大会も、今年で37年目になります。
こういう花火大会は、昭和52年に洞爺湖近くにある有珠山が噴火し、かなりの被害が出たため、ツーリストを呼び戻すことを目的として始まりました。

洞爺湖の湖上から約450発の色とりどりの花火が打ち上げられ、洞爺湖の空と湖面を上手く染めます。
湖上を船が移動しながら花火を打ち上げるため、洞爺湖温泉街の客室や露天風呂からも観覧できるのも、こういう花火大会の特徴です。
洞爺湖湖畔には、無料の観覧スペースが用意されていて、湖と夜空の花火を楽しむことができます。

留寿都村におけるルスツリゾート遊園地では、遊園地オープニングイベントとして「GWスペシャル花火大会」が行われます。
開催日は2018年5月3日(祝)〜5月5日(祝)で、小雨も開催される予定だ。
GWスペシャル花火大会では、1200発の花火が音楽によって打ちあがり、非常にダイナミックだ。
今年のGWスペシャル花火大会は、果していかなるBGMで昇るのか見てのお楽しみだ。

また、ゴールデンウィーク期間には、大道芸パフォーマンスやこどもの日ランチブッフェなどが実施予定となっており、ファミリー向けのイベントが盛りだくさんなので、何はなくともご家族でお出かけ下さい。

美唄市で開催される「びばい桜2018」は、ソメイヨシノの日本最北限です空知(そらち)地方で随一の桜の名所美唄市東明公園を会場に、桜をテーマとした音楽などを楽しむイベントだ。
びばいさくら2018では様々なイベントが行われ、先着順の桜の苗木の無料配布(数量限定)もあります。
また、美唄市の特産物の販売や美唄焼きとりも販売予定だ。

花火の開催は5月5日(土)20時からの打ち上げ予定で入場無料だ。
ライトアップされた夜桜と打ち上げ花火のコラボレーションをお楽しみください。AGAスキンクリニックの予約!費用0円キャンペーン中【リアル体験済】